「コロナで外出自粛。そのストレスはどこへ向かう?児童虐待について考える」 | ももいくジョブ

コロナで外出自粛。そのストレスはどこへ向かう?児童虐待について考える

小田原短期大学保育学科で、「社会的養護」「相談援助」等を担当している上野です。 こんにちは。 いきなりですが、保育士さんのお仕事は、子どもの達の保育だけでしょうか? 保育士はこども分野の【福祉職】です。 子どもたちの背後の家庭・保護者をみて、そのお困りごとである子育ての悩みを聞いて 手を差し伸べる、支援する、そんな存在でもあります。 さて、新型コロナウィルス感染症対策として、「外出を控え家にいる」ことが求められていますね。 1日中、子どもと狭い空間で向き合う生活の中で親も子もイライラ度が高まることもあります。 また、夫婦間でDVが深刻になることも危惧されます。  保育所で子どもを保育する中で、いつもと違うことを感じることもあるかもしれません。保護者の置かれている事情は、見えているところと隠れているところがあります。保護者が窮地に置かれているとしたら、そのストレスは弱い立場、すなわち、子どもに向きやすいことを心に置いておかなければなりません。  このような社会状況では、子どもに対する不適切な関わりが起こりやすくなります。保育士もいつも以上に感染予防の作業が必要であったりして、様々な対応を迫られる中、ストレスとためやすくなっています。このような中でも、子どもを守り、保護者への支援により一層心を向ける必要があります。困難なときこそ、保育士としてのプロ意識を持ち、よりよい保育を目指したいものです。

児童虐待の発見

子どもと関わる以上、昨今社会問題でもある「児童虐待」は避けて通れません。子どもの特徴として、 ①子どもは非主張者:自分の主張がしにくい。 ②子どもは非生産者:自立していない、保護が必要な時期。依存者である。 が挙げられます。 したがって、大人の側が子どもの権利を守らなければなりません。 保護者が不十分な場合は、保育者はいち早く気づいて手を差し伸べる立場です。  グラフは、全国の児童相談所で2018年度までに受けた虐待相談件数の推移を示しています。  様々な虐待予防の対策をとっていても、件数は増える一方です。子育てに関わる保育士においては、このような社会が抱える現状も踏まえておく必要があります。そして、目の前の子どもや保護者に虐待が疑われる兆候を発見した時、速やかに適切な対応ができることが求められています。  虐待については、まずは「気づく」ことが第一歩です。気づかないことには対処につながりません。気づくために、虐待の背景について知っておくこと、そして、どのようなことに気付けばよいのかを挙げてみます。

児童虐待の背景

・要因はひとつではなく、様々な要因が重なり家族関係が不安定になり、子どもへの虐待が引き起こされます。 親の要因 ・望まない妊娠 ・若年の妊娠 ・親自身の被虐待体験  ・子どもへの愛着形成が不十分(早産、子どもの長期入院など) ・マタニティブルーズ、産後うつ病による精神不安定 ・パーソナリティの障害  ・育児不安(親が未熟、知識不足など) ・精神障害、知的障害、薬物やアルコール依存 ・体罰容認、暴力的な傾向がある ・特異な育児観、脅迫的な育児、子どもの発達を無視した過度な要求 子どもの要因 ・未熟児  ・乳児期  ・障害がある  ・病気、虚弱 ・育てにくい子(かんしゃくもち、夜泣き) 家族を取り巻く要因 ・保護者が不安定な生活をしている(就労、転職など) ・不安定な夫婦関係  ・経済的不安(失業、低賃金など)  ・親族や地域からの孤立  ・転居が多い ・内縁関係や同居人がいる  ・子連れの再婚家庭 その他 ・母子手帳未交付  ・未届け妊娠  ・妊婦健康診査見受診 ・乳幼児健診未受診  ・飛び込み出産 ・医師・助産師を伴わない自宅分娩  ・兄弟に被虐待児がいる ・関係機関の支援を拒否する

児童虐待の早期発見

児童虐待を未然に防ぐことが求められますが、困難な場合はできる限り早期に発見し、対応することが求められます。子どもや保護者に見られる小さなサインを見逃さないようにしましょう。  虐待が疑われる例を挙げてみます。    <<子どもの様子>> 身体的な変化 ・不自然な傷や同じような傷が多い。 ・原因のはっきりしないけがをする。 ・治療していない傷がある。けがをしても手当てが十分でない。 ・身長や体重の増加が悪い。 ・虫歯が多い。 表情 ・表情や反応が乏しく笑顔が少ない。 ・おびえた泣き方をする。 ・養育者(保護者)と離れると安心した表情になる。 ・落ち着きがなく、警戒心が強い。 行動 ・身体的接触を異常に怖がる。 ・衣服を脱ぐときに異常な不安を見せる。 ・不自然な時間に徘徊が多い。 他者との関わり ・他者とうまくかかわれない。 ・他者に対して乱暴である。 ・保護者が迎えに来ても帰りたがらない。 ・他者との身体接触を異常に怖がる。 生活の様子 ・衣服や身体がいつも不潔である。 ・基本的な生活習慣が身についていない。 ・給食をむさぼり食べる。必要以上に食べる。 ・予防接種や健康診断を受けていない。 ・年齢に不相応な性的な言動が見られる。 ・怒鳴り声や鳴き声が頻繁に聞こえる。   <<保護者の様子>> 子どもへの関わり方 ・子どもに対しての態度や言葉が否定的 ・子どもの扱いが乱暴 ・子どもに対して冷淡 ・兄弟に対して差別的扱いをする。 ・しつけと称して暴言や暴力がある。 ・子どもを置いたまま出かける。 ・子どもがけがをした経緯や通院受診について不自然な説明をする。 ・登園・登校させない。 他者への関わり方 ・他者に対して否定的な態度である。 ・他者との関係が持てない。 ・保育者との会話を避けている。 ・説明の内容が曖昧でよく変わる。何が真実かわからない。 ・子どもに対する他者の意見に被害的・攻撃的になる。 生活の様子 ・地域の交流がなく孤立している。 ・不衛生な生活環境 ・夫婦関係や経済状態が悪い。 ・夫婦間の暴力がある(面前DV)。 保護者自身について ・ひどく疲れているように見える。 ・精神状態が不安定。 ・気分の変動が激しく、思い通りにならないと子どもに当たり散らす。 ・性格的に被害妄想的、偏った思い込みをする、衝動的、大人として未成熟 ・連絡がとりにくい。 ・支援者の関わりや連絡を拒否する。     (出典:「保育現場ですぐに活用できる児童虐待防止ハンドブック」H19年神奈川県版、      「横浜市子ども着帯防止ハンドブックH27年度 改訂版」 参照)  

まとめ

保育所でも虐待の発見と対応はとても身近なことになっています。 子どもの問題行動や関わりにくい保護者について、見過ごすことなく、まずは発見しましょう。  「虐待を疑う」「明らかに虐待されている」という場合、どう関わればよいかです。 まずは一人で抱え込まず、園内で共有し、チームで対処できる体制をとることが重要です。 このブログでは、家庭に課題を抱えた子どもと保護者について理解を深め、ソーシャルワークの視点で関わるために必要なことを発信していきます。次回は、「児童虐待」についてどう関わればよいか、考えていきます。
(文責:小田原短期大学 准教授 上野文枝)
<back number>
おだたんブログのもくじ https://momoiku.jp/contents/odatan-blog 関連記事 ・「大流行になる前に!自分たちでできる感染症対策」 https://momoiku.jp/contents/report_infection ・「コロナで外出自粛。そのストレスはどこへ向かう?児童虐待について考える」 https://momoiku.jp/contents/report_discovery_of_abuse ・「うめこのばあやの保育日記~こども主体の保育を考える~」 https://momoiku.jp/contents/diary_chaildcare ・「児童虐待に気づいたら・・・?どのような行動をとるべきかを考える」 https://momoiku.jp/contents/report_handle_child_abuse ・「あなたの心を脅かす、保護者からのクレーム・保護者との関わり方への対応」 https://momoiku.jp/contents/report_claimcorrespondence ・「保育のジェネラリストである保育士、これからは「子どもの命を護れる」保健に特化した保育のスペシャリストになってみませんか!」 https://momoiku.jp/contents/report_career_childminder <運営会社からのお知らせ> https://momoiku.jp/contents/information_vol1