ハロウィンの歴史からイベントまでご紹介!
ぜひ子ども達と一緒にハロウィンを楽しんでくださいね!

そもそもハロウィンってどんなお祭り?

一言で言うならハロウィンは元々お盆のようなお祭りです。
紀元前ころからヨーロッパに住んでいた古代ケルト人たちは
10月31日が1年の終わり(日本でいう大晦日ですね)の意味しており、
死者が家族を訪ねてくる日でもあると信じられていたようです。

しかし一緒に有害な霊や魔女も出てきてしまうので、
人々は仮面をかぶり、火を炊いて魔除けをしていたそうです。

その後古代ローマ人の侵攻やキリスト教の普及とともに広がっていきました。

その後、アイルランドでジャック・オ・ランタンの伝説や
アメリカではカボチャが定着し、
今の形になっていきました。

Trick or Treate

海外ですと「Trick or Treate!」と子ども達が家々を回ってお菓子をもらう風習がありますよね。

これも元々は死者に祈りを捧げる日にケーキを各家々から集めていたのが始まりと言われています。

「イタズラかご馳走か」なんて直訳もありますが、
海外ではお菓子をくれないと本当に卵を投げつけるなんていたずらもあるそうです。
「Trick or Treate!」と言われたら
「ハッピーハロウィーン!」や「Treat!」と言ってお菓子をあげましょう!

もはや仮装パーティー!?

日本では仮装パーティーの色が強いですよね。
毎年色々な衣装でハロウィンを楽しむ様子がニュースでも流れています。

海外でも仮装していますが、基本的には「恐ろしいもの」になるそうです。

これも死者に祈りを捧げるケーキを集める時に、
人間がおばけのような仮装をして仲間と思われることで
自分の魂をを取られないようにするという意味があるそうです。

ジャック・オ・ランタンはカブだった!?

ハロウィンというとまっさきにオレンジ色のカボチャを連想する方もいると思います。
実はそれ、元はカブだったんです。

ハロウィンがアメリカに伝わるにつれて
その時期にアメリカ大陸でも採れやすく、加工もしやすいカボチャになり、
そのまま定着したと言われています。

ジャック・オ・ランタンは天国にも地獄にも行けず、
現世をさまよう幽霊のような存在で
手に持つ提灯は死者の魂のシンボルになっているそうです。

日本でも定着したハロウィーン

日本でも1990年代から徐々にイベントが増えてきています。

◎東京ディズニーランド
日本で初期からイベントを開催しています。
毎年普段にはないデザインのグッツや食事が期間限定で発売されます。
今年はピンク色のチュロス(メイプルパンプキン味)が販売されています。

◎カワサキハロウィン
日本最大級のハロウィンイベント。
今年は新川通り(6車線!)を通行止めにしパレードを行う予定です。

◎白馬deハロウィン
毎年10月の最終日曜日に開催されるイベントで
仮装コンテストや塗り絵コンテストなどが開催されています。


皆さんもそれぞれのハロウィンを楽しんでくださいね!