結局のところ、コロナ征服のためのゲームチャンジャーって、何? | ももいくジョブ

いよいよ始まったワクチン接種

先月24日から、65歳以上の高齢者を対象に、ようやく承認されたモデルナ社ワクチンによる大規模接種(東京・大阪)が始まりましたね。また、各自治体によっては、余ったワクチン(ファイザー社)を、教員(保育士)や看護学生に回す試みもみられるようになりました。更に政府は、65歳未満の一般の方々に接種を勧めるべく、企業内で行える方向で案を練っています。 ワクチン接種先進国を是が非でも目指したい日本。現時点、打ち手として認められている医師、看護師、歯科医師の他、今後、それを臨床検査技師や救急救命士まで拡大してくとのプランもあるほどです。あらゆる策を講じ、接種先進国に登り詰め、安全・安心なジャパンを世界にアピールしたいのでしょうね。 ワクチン接種のこのご時世、「保健学や公衆衛生学」を担当している筆者には、よく「ワクチンを打つべきなのか?任意だから迷っている…」との質問がよくきます。介護施設で働く卒業生の保育士さんは、この瞬間も悩んでいると思います。 「新型コロナ感染症成立のための3要因」つまり、 ① 感染源(病原微生物:新型コロナウイルス) ② 感染経路(飛沫感染、エアロゾル感染、接触感染) →変異株イギリス株とインド株のハイブリットウイルスが、5月29日ベトナムで確認されました。これは、空気感染レベルの感染力があるとの報告があり、今後、新たな感染経路として、空気感染も加わってしまう可能性も否定できません。しかしながら、WHOがこれを(混合変異ウイルス)を否定(6月4日)、インド株から派生したものであるとの見解を示したので、一先ず「空気感染」経路はなくなりました。 ③ 宿主(病原体に対する感受性) これら3要因が全て揃わないと、コロナに感染することはないのです。だからこそ、「3つ対して抜かりなく策を遂行する」ことこそが、コロナを征服させることができるのです。 でも、そもそも、完璧でないヒトが「抜かりなく」することなんて出来るのでようか?出来なかったから、1年以上も、コロナウイルスに負け続けている訳だし・・・。 しかし、ワクチン接種は、宿主の抵抗力を高める手段であるので、③の対策になる。だから、 国民の健康を衛【まもる】ための、公衆衛生学的見地から申すと、ワクチン接種を推奨する立場にあります。そして、これこそが、コロナとの闘いを変えるゲームチャンジャーになり得るのです。

各ワクチンの特徴

では、ここでざっと、各種コロナワクチンについて特徴を見てみましょう!
まず、ワクチンタイプからお話ししますね。血栓発症で問題となり、北欧の国で、接種が中止となった、アストラゼネカ社のワクチンはベクタータイプです。これは、コロナワクチンの遺伝子を無害にして、風邪ワクチン(アデノウイルス)に取り込ませ、それを接種してもらうものです。アデノウイルスをベクター(運び屋)とする特徴をもっています。 m‐RNAワクチンと比べると、保存管理がしやすく、1回の接種だけで効果を認める、ジョンソンエンドジョンソン社製ワクチンも、同じタイプなので、有効率や血栓問題の観点から、好んで勧めたいワクチンでないことおわかりできると思います。

ワクチン接種のリスクとは?

では、一足早く承認され、ある程度のエビデンスが蓄積された、ファイザー社製(m‐RNAワクチン)で、接種と死因との関連を見ていきましょう。 「死因では脳卒中や心不全などが多く、8割以上が65歳以上だった。接種との因果関係について、厚労省の有識者検討会は、27人を「評価できない」、30人を「評価中」とし、現時点で重大な懸念はないとした。  21日までに約866万回の接種が行われ、死亡例の累計は85人になった。  一方で、16日までに国際基準に基づくアナフィラキシーと判断されたのは計146件。接種10万回あたりの発生頻度は2・4件となった」
出典:読売新聞オンライン(5月28日)
一見すると、読み手に「安心」を与える記事ではありますが… ただ、厚労省の因果関係検討会での「評価できない」という真意は、情報不足により、ワクチンと症状との因果関係が評価できないとするものです。これって、情報がないから、これ以上検討できず、「評価できない」という結果に至っただけなのですよ。 その中には、26歳女性(基礎疾患無):2021年3月19日接種(1回目)後、3月23日死亡(小脳出血)という事例も含まれています。 有効率95%の優等生ファイザーワクチンでさえ、死亡事例の2割は、働き盛りの若い世代に起こっているのです。 また、5月9日、田村厚生労働大臣の会見の中で、「アナフィラキシーの発症は、米国より多いと感じる(米国100万回で5例、日本10万回で17例)」とお話しされていますが、これは、先の読売新聞の記事とは一部異なっています。  これは、アナフィラキシーとアナフィラキシーショックを混合してしまったことが理由ではないかと思われます。

ワクチン接種によるアナフィラキシーとアナフィラキシーショック

アナフィラキシーとは、身体の2つ(皮膚、気管支・肺、循環器、消化器)以上の場所に症状がでることを指します。一方、アナフィラキシーショックとは、アナフィラキシーから急速に症状が進み、血圧低下、意識障害によってぐったりしてしまうことを意味します。
承認されたm‐RNAワクチンは、死亡という極端な副作用に至ることは稀ですが、若い人ほど頭痛、倦怠感などの副作用の発症が高く、そして、2回接種【抗体価が高くなる】後に、それら副作用の症状が重く現れることがわかっています。

実は、ワクチンとは完成形ではない

ワクチン接種は、「自分が良かれ」と思ってするもの。 自分がそれによって、重い副作用に悩まされるとか、まして死んでしまうなんて思って打つ人って少ないと思います。 実は、承認済みのワクチンは完璧完成形ではないのです。 小児麻痺を発症するポリオワクチンの変移を思い出して下さい。 わが子が、小児麻痺にならないように、定期接種だから良かれと思って接種した。しかし、その接種により、「車いす」とは切り離せない人生をわが子に与えてしまった。と自責にさいなまれた多くの保護者からの叫びが、あの頭の固い厚生労働省を動かしました。その当時、欧米諸国では、副作用の発症が高いとし、生ポリオワクチンでなく、不活化ワクチンを使用しているにもかかわらず、日本では、リスクの高い「生ワクチン」を定期接種させていたのですから。 2012年11月から、生ポリオワクチンから危険性の低い不活化ワクチンに変え、それを3種混合ワクチン(破傷風、ジフテリア、百日咳)中に混ぜ合わせた「4種混合ワクチン」をスタートさせましたよね。 このように、承認されたワクチンでも、決して完成形ではなく、副作用との兼ね合いを検証しつつ変化していっているのです。 言うなれば、多くのの犠牲の上で変化できているのです。 この変化は、「良かれと思って、打っただけなのに…」という犠牲から起こっているのです。

まとめ

ここ、コロナワクチンにおいては、なかなか、「正常バイアス:自分が大丈夫という認知のズレ」が働いてくれませんね。「良かれと思って接種したい」と思う方々は、特に若い世代に少ないように思います。副作用のニュースが連日報道されるのですから、無理もないことです。 公衆衛生学(統計学)では、この世の有効性を指し示す値は95%と教えています。この頃、当たり前のように耳にする「エビデンス」の根拠こそ、この95%なのです。95%の人間が助かるならば、それで良しなのです。だって、この世の事象に100%の確率で起るものなんてないのですから(死という事象以外は100%を求めないのです) 。 新薬にしろ、ワクチンにしろ95%の人間が効けば、上出来なのです。 だから、残りの5%(副作用や死)に、もし、自分が入ってしまったら……どうしよう………特に、シングルで子どもを育てている方や、自分が大黒柱である方等は、接種によって「万が一」を考えてしまうのも納得できます。 考えだしたら負のスパイルに入ってしまうというあなたがいれば、提案させて下さい。 宿主の抵抗力を上げるもう1つの方法を。それは、ワクチンにより免疫細胞を暴走させない理想の「細胞」を手に入れるものです(←新教宗教ぽくってすみません)。 この話は長くなるので、また来月にしましょうね。

(文責:小田原短期大学 准教授 医学博士 三浦由美)

<back number>
おだたんブログのもくじ https://momoiku.jp/contents/odatan-blog 関連記事 「命を護れる保育者シリーズ」 【第1講】「自分たちでできる感染症対策!コロナウィルスに打ち勝とう!」 【第2講】「あなたの心を脅かす、保護者からのクレーム・保護者との関わり方への対応」 【第3講】「保育のジェネラリストである保育士、これからは「子どもの命を護れる」保健に特化した保育のスペシャリストになってみませんか!」 【第4講】コロナ渦中における「保育者のストレス」に理解を! 【第5講】「手洗い」「マスク」って最強な武器!「ばい菌遊び」からの学べること 【第6講】~マスク熱中症対策~長雨・酷暑そしてCOVIDー19…非常事態だらけのこの世界から身を守るために 【第7講】「溺れた!!!」子どもが溺れていても、大人が気づけなかった核心的な理由とは? 【第8講】「溺れた!!!」子どもが溺れていても、大人が気づけなかった核心的な理由とは?その② 【第9講】「普段の手の汚れをばい菌実験」から検証してみた~新型コロナウイルス共存時代到来中での、「正しい手洗い・消毒の条件」 その①~ 【第10講】「普段の手の汚れをばい菌実験」から検証してみた~新型コロナウイルス共存時代到来中での、「正しい手洗い・消毒の条件」 その②~ 【第11講】低血糖症状で倒れた重度の偏食児!それって、自閉スペクトラム症なの?はたまたの一種のネグレクト?その①  ~低血糖の病態とその対応~ 【第12講】低血糖症状で倒れた重度の偏食児!それって、自閉スペクトラム症なの?はたまた一種のネグレクト?その②  ~偏食児の原因を哲学者デカルトの思考論で考えてみました~ 【第13講】あなたも年々感じていませんか?「困った大変な子」が多くなってきていると。それって実は…。 ~急激な発達障害児の増加は、先天要因より出生後の環境要因が大きいから!?~ 【第14講】あなたも年々感じていませんか?「困った大変な子」が多くなっていると。それって実は…。 ~急激な発達障害児の増加は、先天要因より出生後の環境要因が大きいから!?その②~ 【第15講】子どもの細胞にもターゲット化した第4波を生み出した変異ウイルス ~果たして変異株と従来株とは何が異なるのか~ <運営会社からのお知らせ> https://momoiku.jp/contents/information_vol1